ホームページやチラシ作成も試したけれど伝わらなかった方へ

本当に伝えたい方のための 7つのサポート

【ターゲットの視点を意識】 伝わる日本語! 伝わらない日本語…

あなたの言葉は理解されている?

あなたの書いたチラシやホームページの内容は、
読んでいる人に理解されているか・・・考えたことはありますか。

壁を作る? 伝わらない日本語

あなたの書いたチラシやホームページの内容は、読んでいる人に理解されているか例えば、パソコン売り場で、パソコンを使用したことのない人に接客する場合、
「OSは・・・」
「HDDは・・・」
「メモリは・・・」
などと、パソコンの説明をしても、良さが伝わる前に
「難しそう〜」
という壁を作ってしまいます。

専門的な内容を、一般の人に向けて伝えるとき、専門用語を並べても 理解できません。

ピン!と来る… 伝わる日本語

パソコンをこれからはじめる初心者の方には、
「メールも簡単にできます。」
「パソコンで、遠く離れた人と、無料通話もできます。」
など、何ができるかを説明した方が、ピンとくるのです。

読み手の知りたいことを、読み手の理解できる言葉で、説明していく読み手の知りたいことを、読み手の理解できる言葉で、説明していくことが重要です。

これは、私たちホームページ制作やチラシのキャッチコピーを書く者にとっても、じっくり考えなければ進められないポイントです。(^−^;)

あなたが、ホームページやチラシを読んで欲しいと思う人は、専門知識のある人ですか。
あなたの商品を 最初から知っていて チラシを手にした人でしょうか。
それとも、単に その分野の情報を調べていて、たまたま あなたのホームページにたどり着いた人でしょうか。

・あなたの伝えたい分野に関する専門知識
・あなたの商品に関する知識
・ 興味の深さ、興味のポイント
・・・など、あなたが伝えたい相手の状況や視点を考えてみてください。

【おすすめサービス】

・見て伝える イラスト図解
分かりやすく、やさしく伝える イラスト図解。ホームページ作成やチラシ制作に!



▲ページTOPへ