ホームページやチラシ作成も試したけれど伝わらなかった方へ

本当に伝えたい方のための 7つのサポート

【ターゲットのいる畑えらび】 ターゲットのいない畑で勝負してはいないか

ターゲットのいる畑を予測

ターゲットのいる「畑」とは?

ターゲットのいる「畑」とは?そもそも、ターゲットのいる「畑」とは、何でしょうか。

もちろん、農業の話ではありません。

私たちが、伝えたい商品やサービスを宣伝するとき、どうやって、情報を発信しますか。
チラシやホームページ、ツイッター、ブログ、ネット広告、電話、テレビ、ラジオ、DM(郵便物)、それとも、直接訪問しますか。

この情報発信の方法とその環境を ここでは、「畑」ということにしましょう。

その情報発信の方法で、ターゲットが多く見ていれば、「ターゲットのいる畑」ということになりますね。

チラシやホームページ、ツイッター、ブログ、ネット広告、電話、テレビ、ラジオ、DM(郵便物)、それとも、直接訪問・・・? ターゲットのいる畑は、情報発信の方法とその環境

「畑」が予測できない理由

とりあえず・・・でホームページ制作やチラシを制作するのは、よくありません。お客様の中には、「畑」選びをせず、情報発信をする方が少なくありません。

「とにかくチラシをまけば・・・」
「まずは、ホームページを作らないと・・・」
「経費が安いから・・・」

情報が読まれようと読まれまいと、「数打てば当たる・・・」
まずは、「物ありき・・・」、
とにかく「何でもいいからやってみる・・・」

それでは、ターゲットがいない畑で勝負しているかもしれませんよ。

あなたの商品に興味があるターゲットは、そのチラシを見る環境にいますか。
どんなホームページを好んでいるのでしょうか。そもそも、インターネットを利用する世代ですか。

ターゲットが、どのようなものを見るか・・・考えてから、チラシやホームページを制作していますか。

ターゲットのいる「畑」を予測してみよう

ターゲットの生活スタイルを考えてみましょうチラシやホームページ制作、ネット広告など、実行する前に、ターゲットのいる「畑」を予測してみましょう。

「今は、ホームページくらいないと・・・」
そう思って制作を構想していたとしても、商品がインターネットを使用しない世代なら、チラシや地域の掲示板、直接の説明などの方が、「畑」として適しているかも知れません。

また、新聞の折込チラシを考えていたとしても、ターゲットは、携帯やパソコンで情報を収集する生活を送っている人たちかも知れません。

まずは、あなたのターゲットの生活スタイルを考えてみましょう。

どんな環境で、どういうものを好み、何を利用しているのでしょうか。

少し、ターゲットのいそうな「畑」が見えてきましたか。


--- <<  戻る  | 2/13PAGES |  ●次を 読む  >> ---


▲ページTOPへ