ホームページやチラシ作成も試したけれど伝わらなかった方へ

本当に伝えたい方のための 7つのサポート

【ターゲットの視点を意識】 
長文は読みづらい! 短い文章で伝える簡単な方法

本文は 最後まで読める長さに!

文字の羅列したホームページや情報紙・・・。

読む前から、嫌になりませんか。(>_<)

マンガのように読むことが、楽しい「目的」というものは、本文が長くても嬉しいですけど。

しかし、情報収集が目的の場合は、長文であることが
「長文を読まなければならない」
というストレスに変わっていきます。

時間をかけずに、手軽に読める長さが、「伝える」ことにつながります。

本文は、どの位 短くするべき? 

読みやすいホームページやチラシを作成するには、どのくらいの本文の長さがいいか。では、読みやすいホームページやチラシを作成するには、どのくらいの本文の長さがいいのでしょうか。

はっきりした長さが 決められている訳ではありません。

ストレスを感じず、読みきる長さを 私なりに考えてみました。

皆さんも、ちょっと自分に置き換えて、考えてみて下さい。

【私が感じる丁度良い本文の量】
ホームページブログの記事・・・250字くらいまで。
チラシの1コーナー・・・スペースの1/3程度。

チラシやホームページを開いたとき、本文の短いものは、気軽に
「何これ!読んでみよう。」
という気にさせますよね。

どうする!? 短い文章では、書ききれない! 

ホームページやチラシの本文を短くするのは、簡単ではありません短く! 短く!
といっても、ホームページやチラシの本文を短くするのは、簡単ではありませんね。(^−^;)

省きすぎて、伝えたいことが伝わらない文章では、意味がありません。

そんなときは、長文の内容はそのままで、「短く見せるコツ」があります!

・見出しやコーナーを分けて、文章を区切る。
・丁度良い長さを超える地点ごとに、画像を入れる。
・文章では、説明しづらい内容は、図や画像で解説する。

見出しやコーナーを分けて、文章を区切る。

丁度良い長さを超える地点ごとに、イラストや写真を入れる。文章では、説明しづらい内容は、図やイラスト画像で解説する。

いかがですか。
読みやすいホームページやチラシが作成できそうな気がしますね。...o(^−^)o

【おすすめサービス】

・文字では説明が難しいときは・・・ イラスト図解
言葉では難しい説明は、ついつい長文に…。そんな解説を、イラスト図解で伝えませんか。本文が、更に分かりやすくなります。

・本文のアクセント! かわいいキャラクターで解説
文字だけの本文に、表情豊かなキャラクターを登場させませんか?ホームページやチラシの雰囲気が、やさしくなります。本文のアクセントに!


--- <<  戻る  | 2/32PAGES |  ●次を 読む  >> ---


▲ページTOPへ